留学先に日本人はいた方がいい?いない方がいい?

留学したら、ネイティブの友達や語学学校に集まる世界各国からのクラスメイトと仲良くなりたいところですよね。クラスで英語を学ぶだけではなく、世界中の友達を作り、彼らとの共通言語を学び、彼らとのコミュニケーションを通してまた更に学ぶ。これこそが、留学と英語のとても良いサイクル作りになると思います。

 

では一方で、現地に留学している日本人の学生とはどうでしょうか?

日本人が多い場所に留学しちゃダメなの?

 

英語の勉強に没頭する留学期間中は、なるべく日本語の使用は避けた方がよいです。親や親しい日本の友人と連絡を取ることもあるかと思いますが、それ以外の現地での生活は、頑張って全て英語でこなしましょう。

「そんなこと言われても、今の私の英語力じゃ無理・・・」と思われるかもしれませんが、大丈夫。知っている単語を繋ぎ合わせて英語で話せばOK。英語が初級の段階では、何よりこの、「英語で話してみる」「英語に慣れる」ということが重要です。ここで日本語を交えながら話したりしてしまうと、いつまでたっても英語力は伸びません。

 

でもそんな時、優しい日本人のクラスメイトが声を掛けてくれると思うんです。「今日一緒にランチしない?」と。なぜなら、相手も英語だけの環境に来て、とても不安だから。その不安を和らげるために、たまには日本語を話したい。英語だと言いたい事を全部すっきり言うのは無理だから、ストレス発散のためにも今日だけは日本語で話したい!そんな気持ちもとてもよくわかります。

でもそれがいつしか、今日だけではなく次の日学校であった時も日本語になり、だんだん授業中も日本語になり、隣の席に座るようになり、先生の質問に対して「え、今の質問どういうこと?」などと日本語でヒソヒソ話をするようになってしまうとこれは問題です。

加えて、こうやって日本語ばかり話すようになると、外国人の友達が離れていくという現象が起こります。だって考えてみましょう。相手からすると、日本語は未知の言語。それなのに、あなたはその言葉をいつも人と話してる。一緒にいても英語を話さないなら、あなたが何を考えているのかよく分からない・・・

あなたはいつの間にか、「英語を話さない人」というレッテルを張られ、できるはずだった友達も離れていってしまいます。

 

留学は誰にとっても大変

ここでよく考えて頂きたいのは、大変なのは日本人だけではないということ。留学して、英語という新たな言語を学ぶことは、どこの国の人にとっても大変なことなのです。でも、留学先には色んな国の人がいます。あなたが見たことも聞いたこともない国の人がいるかも知れません。聞いたことはあっても、その国について何も知らなかったり、どこにあるのか分からなかったりするような国から来ているかも知れません。そんな彼らは、大抵一人ぼっちでアメリカに来ています。彼らと同じ母国語を話す人はクラスにはいません。彼らの国の料理を提供するレストランも街中にはほとんどありません。彼らはとても大変な状況にいるのです。

でも、日本人はどこに行っても日本人の仲間がいるし、日本食レストランも豊富。要するに、アメリカにいても、「帰る場所」があるのです。とても優遇された環境なのです。

 

留学が大変なのは、あなただけではない。よその国から来ている人もそう。だったら、その人達と語り合えるようになるまで、頑張ってみようではありませんか。他国の友達を作り、一緒に英語を学び、一緒にアメリカ文化という新しい文化を学び、彼らの国について教えてもらい、日本について教え、友好を深めていこうではありませんか。

それこそが、アメリカに行って、たくさんの国の生徒と一緒に英語を学ぶ、醍醐味だと思います。

アメリカ留学体験談はこちらのサイトにたくさんの事例が載っていましたので、確認されると留学のイメージが沸いてとても良いと思います。

 

ページランク別相互リンク集|相互リンクダイレクト|女性の人生|ショッピングカート設置|seoリンク|相互リンク募集中|PagerankExplore|童話集|オーディオ|心の童話|社会人のためのビジネス英語ドットコム|